プレコンシューマ材料/pre-consumer material

消費者に製品が渡る前の製造工程で発生した材料。
※プレ=前、コンシューマ=消費者を意味する。


JISQ14021では次のように定義されている。

製造工程における廃棄物の流れから取り出された材料。その発生と同一の工程で再使用できる加工不適合品、研磨不適合品、スクラップなどの再利用を除く。

 

プレコンシューマ材料に対して、消費者が製品を使用した後に回収された材料をポストコンシューマ材料という。

 

<参考記事>
プラスチックのリサイクルと「再生材料」の定義
再生材の特性と設計時の注意点

 

最終更新 2018年8月20日 

 

【参考文献】
JIS Q14021-2000 「環境ラベル及び宣言ー自己宣言による環境主張」

 

スポンサードリンク

 

プラスチック用語集

 

あ行


 

頭文字から探す

 

か行


 

頭文字から探す

 

さ行


 

頭文字から探す

 

た行


 

頭文字から探す

 

な行


 

頭文字から探す

 

は行


 

頭文字から探す

 

ま行


 

頭文字から探す

 

や行


 

頭文字から探す

 

ら行


 

頭文字から探す

 

わ行


 

頭文字から探す

 

ABCDEF


 

頭文字から探す

 

GHIJKL


 

頭文字から探す

 

MNOPQR


 

頭文字から探す

 

STUVWX


 

頭文字から探す

 

YZ 他


 

頭文字から探す

 

投稿日:

Copyright© 製品設計知識 , 2020 All Rights Reserved.