応力緩和/stress relaxation

物体に一定のひずみ(変形)を与えたとき、物体内部で発生する応力が時間の経過とともに小さくなっていく現象を応力緩和という。粘弾性特性を持つプラスチックでは、常温でも発生するため、製品設計時には注意が必要である。ラケットのガット(ナイロン製など)や、プラスチック部品の締結部が次第に緩んでくるのは応力緩和が原因である。

 

ラケットのガット

 

プラスチック部品の締結

 

最終更新 2019年3月19日 

 

<関連記事>
「プラスチックの応力緩和」

 

スポンサードリンク

 

プラスチック用語集

 

あ行


 

頭文字から探す

 

か行


 

頭文字から探す

 

さ行


 

頭文字から探す

 

た行


 

頭文字から探す

 

な行


 

頭文字から探す

 

は行


 

頭文字から探す

 

ま行


 

頭文字から探す

 

や行


 

頭文字から探す

 

ら行


 

頭文字から探す

 

わ行


 

頭文字から探す

 

ABCDEF


 

頭文字から探す

 

GHIJKL


 

頭文字から探す

 

MNOPQR


 

頭文字から探す

 

STUVWX


 

頭文字から探す

 

YZ 他


 

頭文字から探す

 

投稿日:2019年3月19日 更新日:

Copyright© 製品設計知識 , 2020 All Rights Reserved.