垂直応力/normal stress

下図のように、物体に外力Fが作用している場合を考える。外力Fが物体の仮想断面に垂直に作用している場合、外力Fとつり合うような内力(=F)が、仮想断面に垂直の向きに生じている。この内力を断面で割った値を垂直応力といい、一般にギリシャ文字のσ(シグマ)で表す。なお、仮想断面に平行な内力の場合は、せん断応力といい、ギリシャ文字のτ(タウ)が使用される。

 

最終更新 2019年6月11日 

 

【参考文献】

スポンサードリンク

 

材料力学/強度設計用語集

 

あ行


 

ページトップへ戻る

 

か行


 

ページトップへ戻る

 

さ行


 

ページトップへ戻る

 

た行


 

ページトップへ戻る

 

な行


 

ページトップへ戻る

 

は行


 

ページトップへ戻る

 

ま行


 

ページトップへ戻る

 

や行


 

ページトップへ戻る

 

ら行


 

ページトップへ戻る

 

わ行


 

ページトップへ戻る

 

ABCDEF


 

ページトップへ戻る

 

GHIJKL


 

ページトップへ戻る

 

MNOPQR


 

ページトップへ戻る

 

STUVWX


 

ページトップへ戻る

 

YZ 他


 

ページトップへ戻る

 

投稿日:

Copyright© 製品設計知識 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.