曲げモーメント/bending moment

はりに曲げ変形や応力を生じさせるモーメントのこと。

下図のような、中央部に集中荷重が作用している両端単純支持はりを考える。はりの一部分を自由体として取り出し、平衡条件を検討する。自由体の右端には反力RAが作用しているため、左端にはそれを打ち消すだけの内力が働いている。この内力をせん断力という。

ただし、このままでは自由体は反時計回りに回転してしまう。この回転を止めるような内力が曲げモーメントである。曲げモーメントの大きさはRA×aとなる。

曲げモーメントの符号は以下のように定義することが一般的である。

 

最終更新 2019年6月12日 

 

【参考文献】
村上敬宜 『材料力学』 森北出版

スポンサードリンク

 

材料力学/強度設計用語集

 

あ行


 

ページトップへ戻る

 

か行


 

ページトップへ戻る

 

さ行


 

ページトップへ戻る

 

た行


 

ページトップへ戻る

 

な行


 

ページトップへ戻る

 

は行


 

ページトップへ戻る

 

ま行


 

ページトップへ戻る

 

や行


 

ページトップへ戻る

 

ら行


 

ページトップへ戻る

 

わ行


 

ページトップへ戻る

 

ABCDEF


 

ページトップへ戻る

 

GHIJKL


 

ページトップへ戻る

 

MNOPQR


 

ページトップへ戻る

 

STUVWX


 

ページトップへ戻る

 

YZ 他


 

ページトップへ戻る

 

投稿日:

Copyright© 製品設計知識 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.