「すべての記事一覧」 一覧

no image

設計者のための読書法

技術の進歩についていくため、あるいは教養を身に着けるためなど、設計者は常に学び続けることが求められます。学ぶ方法は様々なものがありますが、大雑把にいうと人に教えてもらうか本を読む(雑誌、論文含む)かの ...

no image

情報検索のスピード向上

設計効率向上に関して、以下の記事で解説しました。   参考記事:設計効率の向上(設計工数の見える化と改善サイクル)   今回は設計効率向上の具体的活動の一つである、情報検索のスピー ...

設計効率の向上(設計工数の見える化と改善サイクル)

設計効率は設計部門のアウトプットである「製品のQCD」と密接な関係があります。なぜなら、ほとんどの企業で設計部門がかけられる設計工数には限界があり、人材の能力もそう簡単には変化しないからです。それは競 ...

チェックリストの上手な活用方法

設計不良を低減するためには、設計者のエラーを防止する必要があります。設計者のエラーには大きく分けて、以下の3つに分類することができます。         この中 ...

設計不良を防止するための「人材の役割」

設計不良を防止するためには、大きく分けて再発防止対策と未然防止対策の2つがあります。この2つの対策は相互に依存する関係ですが、両方ともに人材が果たす役割が非常に大きいことは言うまでもありません。 &n ...

中小製造業の販路開拓

今の仕事をするようになってから分かりましたが、中小製造業にとっては、技術的な面よりも販路開拓や営業力強化が大きな課題になっています。       金属3Dプリンターによるブレーキペ ...

救急医と一般医

医者には救急医と一般医がいます。(本記事では救急医ではない医者を一般医と呼びます)       救急医は患者の命を救うために、限られた情報の中で、しかも短い時間で判断する ...

設計プロセス構築におけるMECE(ミーシー)の考え方

設計品質を向上させるためには、下図のように、大きく4つの経営資源が必要だと考えています。どれか一つでも欠けると、高品質な製品を設計することはできません。       &n ...

【電子書籍出版のお知らせ】製品設計者のための 製品安全の基礎知識

  本サイト掲載の記事を編集して、Amazonより電子書籍(Kindle版)を出版しました。   製品安全に関する基本的な内容をコンパクトにまとめています。   電子書籍 ...

【終了/東京開催セミナー】誤使用・誤操作を防止する製品設計と安全評価(2016年11月29日)

誤使用・誤操作を防止する製品設計と安全評価      日時 2016年11月29日(火) 10:00~17:00    会場 東京都品川区五反田 技術情報協会 8F セミナールーム    主 ...

Copyright© 製品設計知識 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.