残留リスク ざんりゅうりすく/residual risk

一般的に製品のリスクは3ステップメソッドによって低減させる。本質的安全設計⇒保護手段の過程を経ても取り除くことができないリスクのこと残留リスクという。製品本体や取扱説明書などにある「安全上の注意」が残留リスクである。リスクのレベル毎にシグナルワード(危険、警告、注意)を使い分け、使用者に注意を喚起する。

 

signalword

【使用上の注意の例(シャープ製加湿器)】

 

 

最終更新 2015年12月25日

 

 

製品設計用語集トップページ

 

 

スポンサードリンク


更新日:

Copyright© 製品設計知識 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.