「すべての記事一覧」 一覧

no image

株式会社イプロス「Tech Note」で連載開始

株式会社イプロス様が運営するモノづくり情報サイト「Tech Note」で連載を開始しました。   プラスチックに関する基礎知識を分かりやすく解説します。     &nbs ...

【終了/東京開催セミナー】設計トラブルの防止策:再発防止と未然防止の仕組みづくりと改善ポイント(2017年2月22日)

設計トラブルの防止策: 再発防止と未然防止の仕組みづくりと改善ポイント      日時 2017年2月22日(水) 10:30~17:30    会場 東京都新宿区西新宿 日本テクノセンター ...

no image

押出成形も極めればここまでできる

私はこれまで10型程度の押出成形品の設計に携わってきました。射出成形とは一味違った面白さや難しさがあります。中でもなかなか図面通りの寸法を出せないことに苦労しました。何度目かのトライでやっと寸法が出て ...

no image

プラスチック成形品において設計者が行うべき異物対策

プラスチック成形品は異物混入による外観問題が避けられません。特にホワイト一色のような製品は小さな異物でも目立つため、しっかりと対策をしていないと容易にクレームになってしまいます。   異物の ...

no image

付加価値の低い製品で勝負せよ!?

中小製造業が売上・利益を向上させるためには、製品の付加価値を上げるというのが定石です。しかし、国内市場における海外企業との競合で考えた場合、製品価格に対して相対的に物流費が高いものほど、つまり付加価値 ...

no image

設計者のための読書法

技術の進歩についていくため、あるいは教養を身に着けるためなど、設計者は常に学び続けることが求められます。学ぶ方法は様々なものがありますが、大雑把にいうと人に教えてもらうか本を読む(雑誌、論文含む)かの ...

no image

情報検索のスピード向上

設計効率向上に関して、以下の記事で解説しました。   参考記事:設計効率の向上(設計工数の見える化と改善サイクル)   今回は設計効率向上の具体的活動の一つである、情報検索のスピー ...

設計効率の向上(設計工数の見える化と改善サイクル)

設計効率は設計部門のアウトプットである「製品のQCD」と密接な関係があります。なぜなら、ほとんどの企業で設計部門がかけられる設計工数には限界があり、人材の能力もそう簡単には変化しないからです。それは競 ...

チェックリストの上手な活用方法

設計不良を低減するためには、設計者のエラーを防止する必要があります。設計者のエラーには大きく分けて、以下の3つに分類することができます。         この中 ...

設計不良を防止するための「人材の役割」

設計不良を防止するためには、大きく分けて再発防止対策と未然防止対策の2つがあります。この2つの対策は相互に依存する関係ですが、両方ともに人材が果たす役割が非常に大きいことは言うまでもありません。 &n ...

Copyright© 製品設計知識 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.