【設計者のための本】Evernote仕事術

更新日:

 

『Evernote仕事術』
佐々木正悟(著) 東洋経済新報社

 

心理ジャーナリスト・Evernoteヘビーユーザーの著者が、9人の達人と御本人の事例を紹介しながら、Evernoteの活用方法について解説した本です。「生まれて間もなく死んでいく」アイデアをいかにKeepするか、また、すべてを実行できないたくさんのアイデアのうちのひとつを「タスク」として管理し、いかに実行・実現させるか。そのためにEvernoteをどう使えばよいかを具体的に解説しています。Evernoteユーザーの私は、自分の使い方が抜本的に間違っていたと気付き、Evernoteの活用方法を大きく変えました。出会って良かった本です。

 

 

EvernoteはWeb上のノート・メモ帳のようなもので、テキスト、データ、画像、音声など様々なものを保存することができます。保存したものは検索ができますので、効率的に資料などを探すことができます。また、強力なOCR機能もありますので、手書きの文字も検索してくれるのは非常に便利です(プランにより制限あり)。スマートフォンにアプリを入れておけば、メモや音声を簡単に保存できます。アプリは音声のテキスト化にも対応しており、周りの騒音が少ないなど条件が良ければ、驚くほど高精度に音声をテキスト化してくれます。

 

設計者には創造性と高い生産性が強く要求されています。アイデアの創出・実現、生産性向上のためのツールとして、Evernoteを活用してみてはいかがでしょうか。

 

 

設計者のための本 トップページ

 




-すべての記事一覧, 設計者のための本

Copyright© 製品設計知識 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.