承認図 しょうにんず/approved drawing

納入する製品の仕様について、顧客が承認した図面。または、承認してもらうために作成した図面(承認用図)。図面に記載する内容は、業界、企業、その取引の条件などによって異なる。製品の概要のみで承認されるケースもあれば、そのまま製造できるような詳細な図面であることもある。自社にとっての承認図の位置付け、考え方を考慮した上で、記載内容を決める。承認図だけでは伝えられない詳細な情報がある場合は、別途仕様書を作成することが多い。

 

顧客が求めていないのに、自社の設計ノウハウ情報を記載する必要はない。また、逆に顧客に承認してもらわないと後でトラブルになる可能性がある情報は記載する必要がある。

 

 

最終更新 2016年1月15日

 

 

<関連記事>
設計者のためのフレームワーク 図面の種類

 

 

製品設計用語集トップページ

スポンサードリンク


更新日:

Copyright© 製品設計知識 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.