トポロジー最適化 とぽろじーさいてきか/topology optimization

トポロジー(位相幾何学)は、位置・場所に関する学問(数学)の一つ。トポロジーでは立体の違いは「穴」の数だと考える。トポロジーを応用した、近年注目されている技術の一つが「トポロジー最適化」である。トポロジーを応用したソフトウェアを使って、強度上影響がない部分を徐々に削除し、複雑な中空状(メッシュ状)の形状を生み出す。設計者が行うよりもさらに軽量化が可能になるといわれている。特に金属部品では製造することが難しかった中空状の形状でも、3Dプリンターで製作できるようになり、一部の業界・製品で採用されつつある。

 

 

3dprinter

 

トポロジー最適化により軽量化したブレーキペダル(3Dプリンターで製作)
(2016年設計・製造ソリューション展@東京ビッグサイト)

 

 

【参考資料】
 岡部恒治 『やさしくわかる数学のはなし77』  学習研究社

 

 

最終更新 2016年11月22日 

 

製品設計用語集トップページ

 

スポンサードリンク

 

投稿日:

Copyright© 製品設計知識 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.