KKD けーけーでぃー/KKD

勘(K)と経験(K)と度胸(D)の頭文字を取った言葉。論理的、定量的、客観的ではなく、個人の経験や勘だけでものごとを進めること。設計プロセスは複雑であり、論理的、定量的な判断が難しいケースも多く、KKD設計になりやすい。KKD設計のすべてが悪いわけではないが、論理的な検討を尽くした上でやむを得ずKKDに頼るという姿勢が望ましい。

 

 

最終更新 2015年10月5日

 

 

製品設計用語集トップページ

 

スポンサードリンク


更新日:

Copyright© 製品設計知識 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.