ハインリッヒの法則 はいんりっひのほうそく/Heinrich's-law

アメリカの保険会社に勤めていたハインリッヒが労働災害を分析して導いた法則。1件の重大事故の背景に29件の軽微な事故があり、さらにその背景には300件のヒヤリハットがあるというもの。製品設計の分野においては、同じ確率で製品事故が発生しているわけではないと思われるが、法則の考え方は大いに活用すべきである。クレームにつながりかねないヒヤリハット情報や、軽微なクレーム情報を収集し、製品自体の対策、発生原因の究明、再発防止のための対策を行うことが、1件の重大製品事故/重大クレームを起こさないために大切なことである。        

 

 

heinrichs-law

 

 

最終更新 2015年8月25日

 

 

製品設計用語集トップページ

 

スポンサードリンク


更新日:

Copyright© 製品設計知識 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.