耐久消費財 たいきゅうしょうひざい/durable consumer goods

「原則として想定耐用年数が1年以上で比較的購入価格が高いもの。」(統計局) 家電や住宅設備、自動車など。無点検で20~40年近く使用されることもあり、経年劣化や使用者の使い方のエスカレートによる製品事故がしばしば発生している。PL法(製造物責任法)の法定責任期間の10年以上経過後に製品事故が発生した場合でも、製造企業はリコールや社告に踏み切っている例がある。耐久消費財のような使用期間が長い製品の設計は、経年劣化や誤使用の見極め、フェールセーフ設計等による安全性の確保に十分配慮する必要がある。  

 

 

【参考文献】
総務省統計局ホームページ(2015年6月9日)  

 

 

最終更新 2015年6月9日

 

 

製品設計用語集トップページ

 

スポンサードリンク


更新日:

Copyright© 製品設計知識 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.