円管+丸棒の引張荷重による応力、ひずみ、変形量の計算

荷重 F N
断面積 A1 mm
断面積 A2 mm
ヤング率 E1 MPa
ヤング率 E2 MPa
長さ L mm
応力 σ1 MPa
応力 σ2 MPa
ひずみ ε1
ひずみ ε2
変形量 ⊿L mm

面積の計算はこちら

スポンサードリンク

最終更新 2020年5月22日

設計者のための技術計算ツール トップページ

 

投稿日:2020年5月22日 更新日:

Copyright© 製品設計知識 , 2020 All Rights Reserved.