衝撃応力(圧縮荷重)の計算

衝撃応力(圧縮荷重)の計算

重量 W
質量×重力加速度(9.81m/s2
N
断面積 A mm2
長さ L mm
高さ h mm
ヤング率 E MPa
衝撃応力 σimp MPa
変形量(衝撃荷重) ΔLimp mm
応力(静的荷重) σst MPa
変形量(静的荷重) ΔLst mm

面積の計算はこちら

※こちらで紹介している衝撃応力の計算は、おもりの位置エネルギーが衝突によってすべて物体にエネルギーとして保存されるという仮定の元に導かれたものです。実際には衝撃は複雑な現象であるため、この方法での計算結果はあくまで目安として考えてください。

スポンサードリンク

最終更新 2020年6月3日

衝撃応力の計算 トップページ 設計者のための技術計算ツール トップページ

投稿日:

Copyright© 製品設計知識 , 2020 All Rights Reserved.