【大阪開催】後工程や顧客を考慮したプラスチック製品設計

投稿日:

後工程や顧客を考慮した
プラスチック製品設計入門
トラブル未然防止策

   

   日時 2019年10月25日(金) 10:00~17:00
   会場 大阪府工業協会研修室(大阪市中央区)
   主催 大阪府工業協会

 

大阪府工業協会様主催のセミナーに登壇します。

申し込み(大阪府工業協会)

 

セミナープログラム

①後工程を考慮したプラスチック製品設計の考え方


1.1 設計工程と後工程
  1-1-1 設計工程の位置づけ
  1-1-2 後工程(金型・成形、材料、組立・二次加工、使用)
1.2 後工程における典型的なトラブル事例
1.3 クレームの出ない設計の進め方 
  1-3-1 要求事項を抜け、漏れなく抽出する
  1-3-2 機能、性能、詳細仕様の違いを活用
  1-3-3 製品仕様の取り決め方法(図面、仕様書、見積書、その他の契約書)
  1-3-4 設計変更、仕様変更時のトラブル未然防止

②金型・成形に関するトラブルを防ぐ具体策


2.1 金型に対する要求事項を明確にする
  2-1-1 外観(PL/ゲート処理/エジェクタピン跡 他)
  2-1-2 金型材料(耐久性/溶接性/鏡面性 他)
2.2 よくある成形不良の現象と対策のポイント
  2-2-1 ウェルドライン
  2-2-2 ヒケ、ボイド
      2-2-3 変形、反り
  2-2-4 外観不良

③材料に関するトラブルを防ぐ具体策


3.1 プラスチック材料で注意すべき事項
  3-1-1 プラスチック材料の特徴
  3-1-2 粘弾性特性(クリープ/応力緩和)
3.2 劣化防止と製品寿命の考え方
  3-2-1 様々な劣化要因(熱/水分/紫外線/その他)
  3-2-2 アレニウスの式を使った寿命推定
  3-2-3 劣化スピードの経験則「10℃2倍則」
  3-2-4 RTI(相対温度指数)

3.3 配合剤の基礎知識
3.4 再生材の基礎知識

④組立・二次加工でのトラブルを防ぐ具体策


4.1 組立の容易性を考慮した設計
4.2 二次加工を考慮した設計
  4-2-1 接合
  4-2-2 表面処理

  4-2-3 機械加工

⑤製品使用時のトラブルを未然に防ぐために

5.1 プラスチック製品の事故事例
5.2 製品の欠陥と企業の責任
5.3 製品使用開始後のトラブルを未然に防ぐ方法
  5-3-1 使用環境・条件の明確化
  5-3-2 使用者の明確化

  5-3-3 製品の壊れ方を知る

-お知らせ, すべての記事一覧, セミナー・講演, プラスチック

Copyright© 製品設計知識 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.