押出成形 おしだしせいけい/extrusion molding

同一断面かつ長尺のプラスチック製品成形法。製品と同じ断面をした金型に、溶融したプラスチックを連続的に押し込み成形する。ところてんやパスタ麺をイメージすると分かりやすい。設備が大きく、成形が安定するまでに時間がかかること、安定してしまえば非常に効率よく生産できることから、大量生産向きの成形法である。一般に射出成形よりも寸法精度は低い。金型は駆動部分がなくシンプルな構造であるため、比較的安価である。

 

押出製品

押出成形で作られた製品

 

 

押出成形には製品によっていくつかの成形法がある。

 

 

異形押出/パイプ押出


パイプやL型アングルなどのような形状の製品を成形する方法。寸法バリエーションが無数にある建築業界では非常に多く使用されている。排水管、給水管、ソフト巾木などが代表的。金型から出たばかりの柔らかいプラスチックは、サイジングと冷却水槽によって冷却・固化される。

 

異形押出(パイプ押出)異形押出成形機概要

 

 

シート成形/フィルム成形


シートやフィルムを生産するための押出成形法。シート状の製品の中で、厚みの大きなものをシート、小さなものをフィルムという。JISZ0108(包装-用語)においては、厚みが0.25mm以上のものをシート、0.25mm未満のものをフィルムと定義している。工程の中で印刷や塗装、エンボスを加えるなど、様々な機能を付与することができる。生産されたシートやフィルムは、真空成形や押出ラミネート加工などにより、様々な製品に加工される。

 

シート成形

シート成形概要

 

 

押出ラミネート加工


シートやフィルムを貼り合わせ、様々な機能を持った製品を成形する方法。一つのシート・フィルムでは達成できない機能や性能を、複数枚貼り合わせることにより実現する。食品包装用のフィルムや床シートなどで利用されている。フィルム・シート同士は熱、接着剤、ホットメルトなどを使用して貼り合わせる。

 

押出ラミネート加工

 

押出ラミネート加工概要

 

 

 

最終更新 2017年1月16日 

 

製品設計用語集トップページ

 

スポンサードリンク

 

更新日:

Copyright© 製品設計知識 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.