【終了/東京開催セミナー】誤使用・誤操作を防止する製品設計と安全評価(2016年11月29日)

2016.11.1|お知らせ すべての記事一覧 セミナー・講演

誤使用・誤操作を防止する製品設計と安全評価

 

   日時 2016年11月29日(火) 10:00~17:00
   会場 東京都品川区五反田 技術情報協会 8F セミナールーム

   主催 技術情報協会
   
   <講師>
   ①北九州市立大学 文学部教授 松尾太加志氏(10:00~12:00)
   ②田口技術士事務所 田口宏之(12:45~14:45)
   ③共用品推進機構 事務局長 専務理事 星川安之氏(15:00~17:00)

 

 

技術情報協会様主催のセミナーに登壇します。

 

申し込み(技術情報協会様ホームページ)

 

 

当事務所担当のプログラムは以下の通りです。

 

 

 

セミナープログラム

 

❶製品安全の基礎知識


(1)安全・リスクの考え方
(2)予見可能な誤使用
(3)設計の大前提「ものは壊れる」「人は間違える」

 

 

❷製品安全を実現するための設計手法


(1)3ステップメソッド
(2)リスクアセスメント
(3)フェールセーフ
(4)フールプルーフ
(5)セーフライフ(安全寿命設計)
(6)フォールトトレランス

 

 

❸安全設計手法の実務における使い方


(1)設計手法を設計プロセスに組み込む
(2)<事例解説>「幼児用椅子」の安全設計の進め方